So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

KANTOロータリー祭に申し込みました。 [コスモスポーツレストアの記録]


 幸手市の関東自動車大学校の校庭で、ロータリー車を中心にマツダの旧車を集める計画だそうです。


2018031601.jpg


エンジンをレストアしてから、何かの機会があればと思っていましたが、チャンスがありませんでしたが、今回、初めてのイベント参加です。


と言うこともあって、本日、群馬までコスモスポーツを走らせて来ました。


シートがボロボロで、明らかに純正とは違った千鳥仕様なので、純正千鳥柄の再生産品に張り替えを頼んで来ました。


ついでに、ほころびのあった内張りも補修してもらいます。


1週間くらいで完成するとの事でしたが、仕上がりが楽しみです。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

コスモスポーツ、製作開始です! [車の話、あれこれ]

と言っても、1/8のモデルですが、21巻目が届いたので、製作を開始しました。


CIMG7638.JPG


毎週、コツコツと製作してもイイのですが、1週分だと10分~15分くらいで完成してしまうので、ある程度貯まった方が一気に製作出来て都合がイイと思います。


と言うことで、製作を開始しましたが、未だ、全体の1/5のパーツしか届いていないので、全体像がイマイチ見えて来ませんが、結構、細かなところまで作り込まれているなって事は分かりますね。


DSC_7653.JPG


今後の仕上がり具合が楽しみです。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

キャブの調子が・・・ [コスモスポーツレストアの記録]

久しぶりにコスモスポーツでドライブを楽しみました。

たまには、高回転域まで回そうと7千回転くらいまで回したのですが、何となく吹き上がりがイマイチで、そのうちにアイドリングが不安定となり、信号で止まる度にエンジンが死にそうになりました。

チョークを引いて何とかエンストさせないように空ぶかしさせつつ戻って来ましたが、いあ~大変でした。

CIMG6501.JPG

 

CIMG6503.JPG

しばらく、こういう症状は発生していませんでしたが、キャブレターが詰まり気味なのだろうと思い、キャブを思い切りブローしてから、アイドリングと空燃比を調整したところ、アイドリングも安定しました。

 

とりあえず、この状態で様子を見ようと思いますが、そろそろキャブレターもオーバーホールした方がイイのかも・・・


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

アウトランダーも2回目の車検です。 [車の話、あれこれ]

img_54.jpg

CIMG3967.JPG

丸5年間で走行距離は約2万6千キロです。

まあ、年平均5千キロってところでしょうか。

 購入当時は年間7~8千キロくらい走ってましたが、最近は遠距離ドライブが少ないので、こんな感じかなと思います。

ちなみに、車検証には次回の車検は平成32年2月と記載されています。
 平成31年の5月から年号が変わるのでしょうが、現状は新年号がどうなるのか分っていないので、当然と言えば当然なんでしょうね。

 

とりあえず、来年はもう少しアウトランダーでドライブを楽しみたいと思います。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

富士山も雪が積もりましたね! [よもやま話]


 全国的に記録的な寒波のお陰か?、空気が透明で、我が家から見える富士山も格別でした。


201801001.jpg



4~5日前の富士山と較べても積雪量の違いが歴然です。



2018002.jpg



 まあ、それにしても、荘厳な富士山を見ると何故か心が安らぐのは何故でしょう。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中華バイクのエンジンが・・・ [バイクライフ]

掛かりません。
折角、バッテリーを新調したばかりなのに、キーONしても、カチッと音がするだけでエンジンが起動しません。
バッテリーを購入する際に、寿命が切れてセルが回らないと早合点し過ぎたようです。
遅ればせながら、起動する際の電圧を測定したところ、電源ON状態で12.8V,セルONで12.6V。
どうやらセルに電気が殆ど流れていないのかも・・・たまたま、セルが回ってエンジンが起動した瞬間、11.5Vから14.2Vへと変化しました。
どうやら、スターターリレーか、セルモーター本体の問題のようです。
と言うことで、とりあえずスターターリレーを交換しました。
中華バイクなのでメーカーも型式も分かりませんが、画像を見て同じような物をネットで購入しました。
CIMG7613.JPG
CIMG7610.JPG
実際に取り付けてみたところ、コネクターも同じで、まさにポン付けでOKでした。
CIMG7615.JPG
 多分、汎用のスターターリレーとして発売されている物が中国製みたいなので、中華バイクでも同じパーツを採用しているんでしょうね。
結果として、エンジン起動できるようになりました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

エンジン始動 [コスモスポーツレストアの記録]

エンジンオーバーホール後のエンジン音が聞きたいとの、ほんの一部のご希望にお応えしました。




単純にエンジンを始動するだけの事ですが、朝一番でいきなりスタートさせましたが、意外と簡単に起動しました。


まあ、最近の車であれば、寒かろうが暑かろうが、全てコンピューター制御されているので、チョークを引いて、アクセルを2,3回踏み込んで、それからスタートするなどと言った苦労はありませんが、旧車の場合、寒さと湿気(雨天時など)が大敵です。


ちなみに、今回のオーバーホールで、アペックスシールの厚みを2mmに変更したことも、エンジンの始動性に寄与しているかもしれません。


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

市街地を走行しました! [コスモスポーツレストアの記録]


 快晴の空の下、新春の市街地を走行しました。


 心地よいエンジン音を響かせて、爽快なドライブでしたよ!




 



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

フルホイールキャップ装着! [コスモスポーツレストアの記録]


  いあ~、いよいよ今年も最後の一日となりましたが、久しぶりのコスモスポーツネタです。


 懸案だった、フルホイールキャップ(前期型)を装着しました。


CIMG7572.JPG


 と言っても、純正のホイールキャップを入手するのは極めて困難なので、これは偶然にも入手できた、ルーチェ用のホイールキャップに塗装した、本物そっくなもどき品です。


世の中に残存するコスモスポーツは、殆どが後期型(L10B)用のホイールキャップ装着車で、L10Aのオーナーでも、前期型のフルホイールキャップを装着しているのを目にしたのは1台だけですね。


L10Aの所有者でも、ホイールキャップは後期型を装着しています。


もしかしたら、L10Bにモデルチェンジする前のL10A時代に、ホイールキャップだけは後期型に変化していたかもしれません。実際に、フェンダーミラーがメッキタイプの小型なタイプから砲弾型の塗装タイプに変化する際も、製造年により微妙に変化しているので、ホイールキャプにもその様な変遷があったかもしれません。


まあ、この辺は歴史に詳しい方にゆだねるとして、とりあえず、鉄チンホイールのタイヤを履いて、フルホイールキャップを装着しました。


CIMG7574.JPG


 これで、多少はオリジナル仕様に近づきました。


 ちなみに、鉄チン+ホイールキャップは、あくまでも、イベントの場合に限定です。


 やはり、普段の乗り用としてはアルミ(ワタナベ)の方が数段運転し易いですよ。





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

中華バイクの燃費は?その2 [バイクライフ]

中華バイクの燃費の件(続き)ですが、キャブレター側の問題もあるかも、と思い、ガソリンタンクとキャブレター間にコック弁を取り付けました。


CIMG7478.JPG


このバイクには、元々、コック弁がありません。


コック弁の代わりに、ダイヤフラム式のバルブがあり、エンジンが回転する時の吸気圧を利用し開閉する方式になってます。


まさか、漏れていないとは思いますが、ここが解放状態でしかもキャブレターが漏れているのであれば、当然ながらガソリンが漏洩してしまいます。


停車中にコック弁を閉止すれば、この問題は解決できます。


効果のほどは・・・


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。