So-net無料ブログ作成
検索選択

ホイールを装着してみました。 [コスモスポーツレストアの記録]

やっと届いたWATANABEのホイールを装着してみたところ、リアの奥側がギリギリですが、とりあえず収まりました。


DSC_6713.JPG


DSC_6700.JPG


現在、履いているタイヤのインセットが20なのに対して、WATANABEのホイールのインセットは40なので、20mm奥側に引っ込むような感じになるので、奥側が接触しないか心配していましたが、何とか収まってホットしています。


DSC_6702.JPG


逆に、これまでギリギリだった外側の方に余裕ができたので、今の185/70R14よりもう少し幅広で扁平率を落としたタイヤが装着できるかも知れません。


願わくば、195/55R15を装着したいと思っているのですが、どうでしょうか?

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 2

コスモ前期型

今晩は。だんだん初夏の暑さになってまいります、今日この頃。
いかがお過ごしでしょうか。
オリジナル指向からレース指向のワタナベに路線変更でしょうか。
オーナーズクラブのCosmosport netの最近の写真にワタナベを履いてる前期・後期のコスモありました。
近くにサーキットありますからいつでも行けていいですね。

自分は関西ですが、cosmo1967 さんの近所で15年前にエンジン壊れたレストア用を破格超激安で購入したのです。ヤフオクで冷やかし入札したら誰も入札しなくて買うハメになったんです。新幹線に乗って、総武線乗って、国鉄ディーゼル色の小湊鉄道の海士有木から5,6キロ歩いて見に行きました。歩いていて都心から1時間でこんな素敵な場所があるとはと感激しました。(JRは五井駅で海岸沿いにコンビナートがありますよね)いいところだと思います。

コスモスポーツはyoutubeでレストア上げてる車修理屋さんの視聴者数が7000ぐらいあったので、ここのブログももっと書き込みがあっていいと思うのですが。こういう車に関われるほど皆さん余裕がなくなったか、走れば燃費良くて壊れなければどうでもいい雪駄程度の感覚しか持たなくなったのでしょうかね。

オーナーズクラブに入会せずに自分でレストアしてしまう大阪でオーナーさんたちとも親交ありましたが、各々レストアが完成してしまうと、それぞれの次の興味に移ってしまい疎遠になり、今は年賀状のやりとりだけです。
かつてはOLDTIMER誌に載った甲府のロータリー伝道師みたいな人に、編集室に電話して居場所聞きだして、自分がレストアしたコスモを運転して行って見て貰ったこともありました。活動意的で厚かましかったです。

クラッシックの同志を募っておられるようですが、こればかりは時の運というのがありますからね。オーナーズクラブはお金持ちクラブみたいな感じで雑誌で言えばノスヒロで、自分でいじり倒すOLDTIMER趣向には合いませんから。自分のコスモは回しすぎて壊してエンジンとMT外してもう2年以上車庫に放置したままです。cosmo1967さんの5MT化の記事読んでFC3Sの5MTを8000円で貰って来ましたが今後どうなるかは未定です。

なるべくここには何でもいいのでコスモ以外の記事でもコメントするようにします。玄関前の自作のスペースや屋根修理の記事も読みましたよ。




by コスモ前期型 (2017-05-26 00:14) 

cosmo1967

ご訪問いただきありがとうございます。
コスモスポーツのレストア(と言っても自分で出来る事はわずかですが)を始めたのは、2001年です。オークションに出品されていたボロボロのコスモスポーツが懐かしいので、出品者にいろいろと質問したお付き合いとして入札したら落札してしまったと言うのが発端です。
その時のコスモスポーツは、腰を痛めて乗れなくなった折りに、オークションで関西の方に譲りましたが、その後、腰も調子が良くなった時にコスモスポーツが忘れられず、オークションで再び落札してしまいました。

ワタナベのホイールにしようと思ったのはオーナーズクラブの会長さんのお勧めです。
レース場を走るつもりはありませんでしたが、エンジンをオーバーホールしたので、もしかしたら走る機会がくるかも、と思っています。
普段履きはワヤナベ、よそ行きにはオリジナルに近い装い(出来ればホイールキャップを装着したいのですが)にしたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします[わーい(嬉しい顔)]
by cosmo1967 (2017-05-26 11:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: